enishii ことトッシーのやんばるライフブログ

enishiの日々の暮らしを綴ります
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
enishi dealer list
PROFILE
 
お金について考えてみた
こんばんは。
気がつけば4月も中旬を過ぎて目下の目標である今月中に引っ越し完了ということがいかに大変かを改めて知る事になってきた。でもこうなったら焦らず目の前にある案件を一つ一つこなしていくだけ。先日、煮詰まった時に友達に来てもらい色んな意見を聞き最終的に目処がたった。ありがたいもんだ。そしてやるべきことが見えるとおのずと作業ははかどり出した。だいぶと見えてきた。

で、表題のお金について。
いつの頃からかお金とはよくないもの。あまり話題に触れてはいけないもの。というような風潮というか習慣が小さいころからゆっくりじっくりと熟成されてきたような気がする。はて本当にそうなんだろうか。でも振り返ってみたら日々お金を稼ぐためにほぼ全員の大人がなにがしかの活動をしているではないか。

ある人は会社につとめ日々満員電車にゆられながら仕事へと向かい、夜遅くまで仕事という名の活動をしている。

ある人は一生懸命になり自分の表現したいものをカタチにすることでお金を得たり。

ある人は不動産を持ち、それを貸したり売ったりすることでお金を手に入れている。

僕はと言えば、enishiという洋服を企画して製造委託してそれを世の中に出す事や昨年から始めた家を宿にして泊まってもらいその代価をしてお金を得ている。

このあいだから少し考えてみているのだが、お金ってなんだ?実際通帳にあるお金に0を一つ増やすだけで100円が1000円に。はたまた1,000,000円が10,000,000に。でもそのお金はどこにあるのか、分からない。
でもその数字が少なくなってきたりすると得たいの知れない不安が押し寄せて来たり、数字が大きくなるとなにかこれまた得体の知れない安堵感に満たされたりする。なんだ一体これは。

昔はまだ実物のお金でやり取りしていたからもう少し分かりやすかったのだろうけど、今の時代インターネットでクレジットカードを使って買い物をすると実際にお金にふれることなく買い物ができる。そして決まった期日になると通帳にはクレジット会社の名前が載り、買い物した分が引き算されている。この状態でもお金には触れていない。今や給料、そして仕事で得たお金も通帳に記載されている。もちろん引き出すことは可能だけど引き出さなければまったくお金の姿は見えて来ない。その通帳に記載される額を大きくするために人は働くのだろうか。

もちろんそうではない。
夏になりそうな奥の細道
今日は夜勤明けにクルマとばして一路北へ。
迎えてくれたのはこんなんでした。



着いたらローカルにーにーに「えっ?今から?」と言われつつも入水。
8:30満潮で到着したの10:20。干きはじめてるってことですね。でも子供達はあっというまに着替えてワックスアップ中。それに友達のミツも入水中。ゲストのブライス&ペトラが来てないのが気になりましたが入水。
まあ浅かったね。でも全然できたね。いつまでたっても来ないゲスト。またしてもマップコード役に立たずなのかと思い始めた頃、エントリービーチとはまったく反対のほうから「TOSHI~」

振り向けばブライス登場。
聞けばなんと大きな漁港の反対にあるポイント(普通SUPでしかいかないでしょって場所)にパドルアウトしていないことを確認後こちらまで延々とパドルしてきたそうで。それでも「NO PROBLEM」とうれしいそうにテイクオフを繰り返してた。ほんと底抜けに明るいヤローだ。

海上がりになんじゃかんじゃのゆんたくして弁当食べて。



そして最後は食後のコーヒーで締めくくり。



いや良い一日でした。
引っ越しできるのかまたまた不安になってきたぞ。。。
いや、大丈夫に違いない。

マハロ
本日のホームポイント
ここ最近はものすごい忙しく、そして春に向かい南風が入り出していたし色んなことがあり少し足が遠のいていたホームポイント。そのアスレチックな場所へ牧場帰りのバディたちと久々に向かった。予想的中な感じのメンツル。そして人はレンタカー一台のみ。





んっ?ローカルの1173さんが来られてないやん。一瞬電話するかと思ったけど、来るでしょと放置決定。

そして2,3日前から若干人生初的なぎっくり腰気味だったのでGOPRO装着のインサイドで浮いてるつもりで山道を下った。そして足裏マッサージのつもりで裸足でGO。めちゃ足痛く普段の倍近く時間をかけて海に出てみると

めっちゃいい感じのセットが〜

しかもしかも乗られてないし。
バディ達はいち早くパドルアウトしてるやん。しかもおニュー調子かなりいいみたい。
乗りまくりですがな。



気がついたら妙にあわててパドルしはじめてました。そして痛いはずの腰も痛くないような気がしてくる波行く波を追いかける始末。最高やん。するとロコ登場でさらにヒートアップ気味なボーイズとアタシ。



みんなでニコニコサーフィン。
気がつけば真っ暗。もう7時過ぎまで明るくなってきましたね。そして暑くなりはじめました。

沖縄にサーフトリップのご予定のある方はシーガルかスプリングかトランクスにロングスリーブタッパ程度でいけそうな気配がし始めてきております。意外と梅雨に入るまではコンスタントに良い波がたちますよ。

ではではまた明日。いや〜メンツルっていいよなぁ。

マハロ

色々ありすぎな日曜
今日は月曜。
昨日の残務処理的な一日だった。

最近始めた某大学の管理業務のお仕事があったので日曜の早朝から気持ち良さげな波を横目に快調にドライブをしていると突然「ガンガンガンガンガン」となにかがとれたような爆音が車の後方からしてきた。そしてアクセルも効かなくなったので仕方なく停車。以前より走ってる時に異音がしていたがどうやら結末を迎えたのかもしれん。

ただ出勤時間も迫ってて、とにかくくるまを安全な場所へ移動してカミさんに電話。ん?そして再度電話。
寝てるらしい。何度鳴らしても出ないものは出ない。困ったなぁ。こういうときは団地は便利なもんで隣の友達に電話。がしかし、那覇でライブだったらしく留守。隣の隣の友達は大潮満潮でカヤックガイドに出かけてる。

こうなったらさらにジャングルに住むママさんに電話。よかった〜つながった。事情を話して起しにいってもらうことに。8:15に出勤予定だがその時すでに8時。。。

なんとか迎えに来てもらい到着したのがもう9時過ぎ。すんませんです。。

日曜の大学は静かなもので誰もいないし見回りがてらに家族でお散歩。
町中にあるジャングルのような場所なので綺麗なお花を見たり、一日前に生まれたという子牛を見たりして楽しい時間を過ごした。牛が二カ所に分けられて飼われているのだが、聞くと繁殖するものとお肉になるものに分かれてるらしい。
う〜ん。すごいね。繁殖牛はまあそこそこ広い場所で放牧されておりそこまで太ってなかった。でも肥育牛は狭く暗い牛舎でひたすらに高カロリーなものを与えられているようで不健康な顔で特に目が大きく飛び出しているのが印象的。聞けば不健康に育てる事によって太らさないとお肉がとれないということらしい。なんか微妙な気持ちになりますね。それをどう判断するのかは個人の考えなのでしょうが、ぼくは食べなくてもいいかなと思ってしまいました。。

予定が終わってから、夜も営業しはじめた「今帰仁そば」に。お昼と一緒のお値段は財布にやさしいですね。
なんか色々あったけど終わってみたら楽しい休日のような気がした。これでいいのか?

これでいいのだ。

波乗り最高
aloha
今日は助っ人してくれた友達の店作りの助っ人をたのまれていたのだが、急にキャンセルとなり朝家に戻りガッツリ波乗り予定にした。ロータイドセッションしてからの〜、ハイタイドセッションまで。
まわりのサーファーのみなさん、たぶん誰も見てないけどありがとうございます。そして今後ともよろしくお願いします。そりゃあうちの子2人プラスA BRO3名。うん普通いやがるわ。
二人ともNEW BOARDSを片手にたずさえ決まってましたなぁ。

そしてハイタイドセッションは千葉の千歳ばりに人が多くなつかしさが募りましたなぁ。



4面クリア


昨日、ようやく天井四面貼り終わりました。正確には梁の際が後少し残っているのですがとにかく次の段階へ移れそうになってきたってこと。歩みはのろいが着実に前に進んでいる。最後はトンカチ片手にトントンやったので今までとちがうところが筋肉痛だ。今日は休憩して波乗りかなと思っているけど波はあるのか。

Have a goo day!!
町の中の森


燃えるような朝焼けでした。
名護もやっぱりヤンバルなんだなぁということを知った朝。
高江に戻るとリアルに迫り来るような広大な自然のエネルギーを感じる事が出来た。
名護は町だ。といっても約6万人の小さな小さな町。京都が140万ということを考えると車で走れば知り合いに会うレベルなんだと思う。実際以前暮らしていた鴨川も市ではあったがたしか3万人くらいの規模だったと思うがぐるりと一回りすれば間違いなく知り合いに会ったもんだ。そしてシーサイドというサーフポイントに行けば間違いなく誰に会えた。
そこまでのコンパクトさはないけどちょうどいい都会具合が気に入っている。車で5分も走ればスーパーがあり、ホームセンターや本屋がある。そんな町なんだけど、すぐ後ろにはジャングルフォレストが控えている。

今朝も少し歩いていると、森のほうから色んな鳥の声が聞こえてきてさながらハワイのようであった。
ハワイと近いイメージを持てることにものすごく弱いので、さらに名護のことが好きになった。そのことを今日も休みの中来てくれた翔太に話すと本部半島とは生態系が違うらしく、生き物の量が多いらしい(彼は以前名護岳のふもとに住んでいたらしい)なるほどそういえば本部とは違う種が多く生息している感じがした。

高江を離れるのはさみしいけど、新しい暮らしもこれまた楽しみなのである。
ぼくは着地することがあるのだろうか。最近はあきらめつつ、楽しんでやろうと思い始めた。

しかし、氷河期という話もまんざらではないような気がするほど寒い春だ。

マハロ
サーフィン自粛
昨日、安波地区の地元のおじいがひらふうポイントでタコ漁の際に不慮の事故でおなくなりになられました。
僕たち家族がいつもお世話になっている安波漁港ポイント、通称安波ヨコ(ひらふう)ポイントでのサーフィンをしばらく自粛してほしいとの地元の方からの要請がありました。

このブログを見てる方が何人ここのポイントへ足を運んでいるのかは分かりませんが、念のため公表させていただきました。お亡くなりになられた方には改めてご冥福をお祈り致します。

もし身近にこのポイントへ通う方がいらっしゃいましたらどうぞお知らせくださいませ。


cousin


血のつながりというのは本当に特別なものなのだろうか。
カミさんのお兄さん家族が2泊3日の強行スケジュールで来沖。あまりにも時間がなくて接待できたか不安になりましたが子供達の楽しそうな顔を見て貴重な時間だったんだと思った。離れて暮らす親兄弟、これから先何度会えるのかと思うとその一瞬を大切に生きなくてはとまたまた思うのでありました。

とはいえ、もう少し長い期間で来て欲しいよね。またの再会楽しみにしております。
気を付けて。
マハロ
day before yesterday's pic
aloha
いやぁ忙しい日々が続いております。
そんな中週末から週明けにかけてホームポイントが決まり、子供達、ロコたちとの気持ちいいスプリングセッションでした。特に土曜は久々のエクセレントデイ。しかし人も多く月曜の朝はまったりいつものメンバーでメンツルツルをいただきました。昨日からは家内の兄家族が新潟から来てくれてまして、またまた忙しい一日になりそうです。
一瞬の高江の静けさの中ブログアップ中。今日は漁港上がらないかな。ではまた







© 2008 e-GLIDE. All Rights Reserved.